札幌市豊平区平岸街道沿いビッグ2階 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・レーザー治療・小児歯科・オーソモレキュラー療法

金属アレルギー

 

★発症機序
金属アレルギー発症の原因としては、ピアスやネックレスなどからの汗を介しての 金属イオンの溶出があり、口腔内では電気的溶出、微生物腐蝕、咬合力による溶出などがある。

 

歯科用合金の種類
  • 金合金
  • 金銀パラジウム合金
  • (現在日本の歯科の保険診療で最も多く使用されている合金です)

  • 銀合金
  • コバルトクロム合金
  • ニッケルクロム合金
  • コバルトクロムニッケル合金
  • 純チタンおよびチタン合金

 

歯科金属のアレルギーにより惹起された皮膚粘膜疾患

 

舌炎、口内炎、口唇炎、肉芽腫性口唇炎、蕁麻疹、クインケ浮腫、口腔内扁平苔癬※1
皮膚扁平苔癬※1、皮膚xl鞜攵鼻・蘯霎X犯叩⊂誤・吹彎票※2

 

※1皮膚と口腔粘膜における慢性の角化異常を伴う病変の1つです。扁平苔癬は角化異常を伴う難治性炎症で、自覚症状のない場合は、あえて処置する必要性はないという意見もあります。処置を希望しない場合でも、経過観察の必要性はあります。なぜならまれに扁平苔癬と類似した臨床所見を示す白板症があり、このものは紅色厚肥症(赤板症)と類似していて、場合によっては前癌病変そのものであるからです。 原因は不明とされており、いくつかの諸因子が報告されていますが、定かではありません。 外傷性、細菌性、梅毒性、寄生虫性、ウイルス性、糸状菌性、アレルギー性、中毒性、神経または神経原性、遺伝性などです。促進因子として口腔内刺激および喫煙などが関与するといわれています。

 

※2この疾患は掌蹠(手のひら、足の裏)に膿疱と角化以外に頭部、肘、膝にも乾癬と似た皮疹を生じる。一般には口蓋扁桃の慢性感染病巣との関連性が疑われ口蓋扁桃摘出を治療の第一選択とする報告もある


Home 当院のご案内 審美歯科 ホワイトニング レーザー治療 金属アレルギー 口腔内科・栄養療法 予約・お問合わせ